News / Event

【2016年2月】一覧

[2/26] 島根県江津市と新潟県小千谷市のおいしいもの!

2016.02.10【news】【event

東京から全国で一番遠い市である島根県江津市と中越大震災を乗り越え新しいまちづくりへ挑戦する新潟県小千谷市。

今回はそれぞれの地で地域おこし協力隊として活動している高島さんと佐藤さんをコーディネーターとして、
各市の
・集落からそれぞれの自慢の特産物をコラボさせたお食事を提供します。 

最初で最後のメニューになるかもしれません!
地元で消費されてしまうために流通しない食材も特別に登場します!
とっておきのものだけを使ったメニュー
囲炉裏を使ってお餅を焼いたり海苔やイカを炙ったり。
素材本来の味を是非楽しんでください! 

 

◆日時 2月26日(金)18:30〜22:00

◆参加費:無し(キャッシュオン形式になります) 

◆メニュー

1)おにぎりセット600円
・黒松の岩海苔と小千谷市若栃産魚沼コシヒカリ こしひかりを使ったおにぎり
・小千谷市のお漬物
・桜江町のゴボウとネギとにんじんと若栃産手造り味噌のお味噌を使ったお味噌汁
・桜江桑茶生産組合の桑茶

2)晩酌セット750円
・黒松町のイカの天日干し
・小千谷市の日本酒(新潟銘醸)

3)お餅(囲炉裏で焼いて)250円
・若栃産のお餅と黒松町の岩海苔

 

 

<プロフィール> 

江津市地域おこし協力隊 高島 淑美 

1984年生まれ。大阪生まれ大阪育ち、大学卒業後は東京で住み働く。証券会社と人材紹介会社で勤務する中で、休日は全国の芸術祭をめぐり、地方・地域へ関わり興味をもつ。東京から地方創生や地域活性化に関われたらと思っていたが、縁あって島根県江津市と出会い、地域おこし協力隊として江津市の地域活性に取り組むことを決意。20158月に赴任し、現在はNPO法人てごねっと石見で企業支援事業にも携わり、地域づくりと企業サポートに取り組む。 

 www.facebook.com/kuromatsu.community 

http://www.kuwakuwa.tv/


 

<プロフィール> 

小千谷市地域おこし協力隊 佐藤 春香: 

1986年生まれ。東京江東区で生まれ、27歳まで都会で暮らす。大学時代に農山村に滞在し、そこで出会った人々の温かさ、自然、食など都会にはない田舎の豊かさに魅力を感じる。大学卒業後、民間企業で4年弱働いた後、農山村の過疎高齢化という社会課題の解決に取り組むため、20146月から地域おこし協力隊として、新潟県小千谷市に赴任。20156月に、山の「八百や」を立上げ、農家の方々と山菜など山間地の素材を活かした加工品開発や特産品の販路拡大に取組む。 

https://www.facebook.com/Wakatochi/ 

 

 

  • 小千谷市(若栃)

<地域の紹介> 

小千谷市は新潟県のほぼ真ん中に位置し、信濃川によって形成された河岸段丘のまち。 

今回イベントに参加するのは、小千谷市南部の標高200mの山間地に位置する若栃(わかとち)集落。冬には積雪量が3mにもなる豪雪地帯です。 

2004年に起こった中越大震災で大きな被害を受けたこの地域では、復興の過程で地域を盛り上げようと地域おこし団体「わかとち未来会議」を立上げ、古民家民宿の経営、お祭りなどイベントの開催などに取組んでいます。戸数は35世帯、高齢化も進んでいますが、村人たちの温かい笑顔が村の中に広がります。 

自然に囲まれた天水田の棚田で米づくりを生業として暮らしてきたこの地の売りは、何といっても魚沼コシヒカリ。お米以外にも、山間地・雪国ならではの豊かな食文化が根付いています。 

 

 

  • 江津市(黒松町)

<地域の紹介> 

黒松町は江津市北東部に位置する港町です。現在町民数は約400人。高齢化率約47%と高齢化が進行していますが、市内有数の町民主導による地域自主活動が進む町です。夏は海水浴で賑わい、夏の大島例大祭、港祭りなど、年間多数の行事を行う活気ある町で。特産物は春のワカメ、夏・秋のイカ、ぼべ(貝類)、冬の岩海苔です。ワカメや海苔は非常に質が高く、贈答品として喜ばれ、出荷とともに売り切れるほどです。昔ながらおやつとして食べられてきた❝けしいた❞は、今年アンテナショップで開催されたコンテストで2部門2位を受賞しました。 

 

 

[2/13] 【ほしいも×IRORI 】ほしいも炙ろう語ろうワークショップ in 馬喰横山

2016.02.10【event

【ほしいも×IRORI 】ほしいも炙ろう語ろうワークショップ in 馬喰横山

茨城県ひたちなか市は、ほしいも生産量日本一!

そんな干し芋をもっと多くの方に知ってもらいたいということで、茨城県ひたちなか商工会議所で発足された「ほしいも魅力発信プロジェクト委員会」さんのイベントがIRORIで開催されます。

干し芋に馴染みがない方も多いかもしれませんが、そのまま食べるよりも炙って食べた方が美味しいんです!

そんなほし芋のおいしい食べ方やうんちくなどを、ほしいも魅力発信プロジェクト委員の方から直接聞くこともできます。

今回のメイン食材「ほしいも」は「ほしいも魅力発信プロジェクト委員会」から提供されるので、会費は何と無料!!ほしいもを食べた後、ぜひアンケートにご協力ください。

ということで、この機会に囲炉裏でほしいも炙りたい!食べたい!という方は勿論、今まであまり食べる機会が無かったけど興味ある!という方もご家族ご友人をお誘いの上、ぜひ遊びにいらしてください



【イベント概要】
【ほしいも×IRORI 】ほしいも炙ろう語ろうワークショップ!
(正式:ほしいも魅力発信プロジェクト調査事業)
・日時:2月13日(土)13:00〜18:00
・場所:IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen  http://irorihostel.com/
・参加費:無料(アンケートにご協力頂ければ幸いです☆)
・主催:ほしいも魅力発信プロジェクト委員会(茨城県ひたちなか商工会議所)

イベントページ

<< 1 >>