News / Event

【news】一覧

\フルタイムアルバイト大募集/ゲストの旅を楽しくするお手伝い! IRORIを一緒に創ってくれる中核メンバー!

2017.02.23【news

IRORIもしくはTrain Hostel 北斗星で中心となって働いてくれるフルタイムアルバイトスタッフを募集します!

ホステル運営業務としてフロントのお仕事はもちろん、朝ごはんを出したり、
世界中から来るお客様の旅行の相談に乗ったり、いかに心地よくお客様に過ごしていただけるか考えて施設・サービスの改善に努めたり、
清掃をしたり、SNSで発信したり、夜はお酒やおつまみを提供したり、
コミュニティスペースを活用したイベントのサポートをしたり… 業務は多岐に渡ります。
様々な人たちと関わりながら、ホステルというひとつの場をつくるお仕事です。大変ですが、その分やりがいがあるお仕事です。特にこんな方にはオススメです。


・場づくりに興味がある
・将来自分でゲストハウス・ホステルやお店をやってみたい
・ホステル運営を通してやってみたいことがある
・接客業が好き
・色々なことを任せてもらえる環境で成長したい
・日常的に英語を使える環境で英語を勉強したい
・外国人や自分と違うバックグラウンドを持つ人に興味がある
・日本を発信したい

more >

[2/26] 島根県江津市と新潟県小千谷市のおいしいもの!

2016.02.10【news】【event

東京から全国で一番遠い市である島根県江津市と中越大震災を乗り越え新しいまちづくりへ挑戦する新潟県小千谷市。

今回はそれぞれの地で地域おこし協力隊として活動している高島さんと佐藤さんをコーディネーターとして、
各市の
・集落からそれぞれの自慢の特産物をコラボさせたお食事を提供します。 

最初で最後のメニューになるかもしれません!
地元で消費されてしまうために流通しない食材も特別に登場します!
とっておきのものだけを使ったメニュー
囲炉裏を使ってお餅を焼いたり海苔やイカを炙ったり。
素材本来の味を是非楽しんでください! 

 

◆日時 2月26日(金)18:30〜22:00

◆参加費:無し(キャッシュオン形式になります) 

◆メニュー

1)おにぎりセット600円
・黒松の岩海苔と小千谷市若栃産魚沼コシヒカリ こしひかりを使ったおにぎり
・小千谷市のお漬物
・桜江町のゴボウとネギとにんじんと若栃産手造り味噌のお味噌を使ったお味噌汁
・桜江桑茶生産組合の桑茶

2)晩酌セット750円
・黒松町のイカの天日干し
・小千谷市の日本酒(新潟銘醸)

3)お餅(囲炉裏で焼いて)250円
・若栃産のお餅と黒松町の岩海苔

 

 

<プロフィール> 

江津市地域おこし協力隊 高島 淑美 

1984年生まれ。大阪生まれ大阪育ち、大学卒業後は東京で住み働く。証券会社と人材紹介会社で勤務する中で、休日は全国の芸術祭をめぐり、地方・地域へ関わり興味をもつ。東京から地方創生や地域活性化に関われたらと思っていたが、縁あって島根県江津市と出会い、地域おこし協力隊として江津市の地域活性に取り組むことを決意。20158月に赴任し、現在はNPO法人てごねっと石見で企業支援事業にも携わり、地域づくりと企業サポートに取り組む。 

 www.facebook.com/kuromatsu.community 

http://www.kuwakuwa.tv/


 

<プロフィール> 

小千谷市地域おこし協力隊 佐藤 春香: 

1986年生まれ。東京江東区で生まれ、27歳まで都会で暮らす。大学時代に農山村に滞在し、そこで出会った人々の温かさ、自然、食など都会にはない田舎の豊かさに魅力を感じる。大学卒業後、民間企業で4年弱働いた後、農山村の過疎高齢化という社会課題の解決に取り組むため、20146月から地域おこし協力隊として、新潟県小千谷市に赴任。20156月に、山の「八百や」を立上げ、農家の方々と山菜など山間地の素材を活かした加工品開発や特産品の販路拡大に取組む。 

https://www.facebook.com/Wakatochi/ 

 

 

  • 小千谷市(若栃)

<地域の紹介> 

小千谷市は新潟県のほぼ真ん中に位置し、信濃川によって形成された河岸段丘のまち。 

今回イベントに参加するのは、小千谷市南部の標高200mの山間地に位置する若栃(わかとち)集落。冬には積雪量が3mにもなる豪雪地帯です。 

2004年に起こった中越大震災で大きな被害を受けたこの地域では、復興の過程で地域を盛り上げようと地域おこし団体「わかとち未来会議」を立上げ、古民家民宿の経営、お祭りなどイベントの開催などに取組んでいます。戸数は35世帯、高齢化も進んでいますが、村人たちの温かい笑顔が村の中に広がります。 

自然に囲まれた天水田の棚田で米づくりを生業として暮らしてきたこの地の売りは、何といっても魚沼コシヒカリ。お米以外にも、山間地・雪国ならではの豊かな食文化が根付いています。 

 

 

  • 江津市(黒松町)

<地域の紹介> 

黒松町は江津市北東部に位置する港町です。現在町民数は約400人。高齢化率約47%と高齢化が進行していますが、市内有数の町民主導による地域自主活動が進む町です。夏は海水浴で賑わい、夏の大島例大祭、港祭りなど、年間多数の行事を行う活気ある町で。特産物は春のワカメ、夏・秋のイカ、ぼべ(貝類)、冬の岩海苔です。ワカメや海苔は非常に質が高く、贈答品として喜ばれ、出荷とともに売り切れるほどです。昔ながらおやつとして食べられてきた❝けしいた❞は、今年アンテナショップで開催されたコンテストで2部門2位を受賞しました。 

 

 

満員御礼! 囲炉裏を囲んでじっくりと。「暮らしを作る」トークイベント開催

2016.01.20【news】【event

囲炉裏を囲んでじっくりと。「暮らしを作る」トークイベント開催 

http://kokucheese.com/event/index/366504/



2016年2月1日(月)19:30~ @IRORI HOSTEL and KITCHEN 

福岡県糸島市で「食べ物」「仕事」「エネルギー」を自分たちで作る”いとしまシェアハウス”を運営する新米猟師、畠山千春さんが2月1日にトークイベントを行います。テーマは「暮らしを作る」。古民家の改修、田んぼや畑、養蜂、狩猟、移住、田舎暮らしなど、等身大の今の暮らしをお話しいただきます。 

野生力の上がる野草茶や猪の胆嚢、日本ミツバチの巣から作ったミツロウクリームなど、暮らしの中で生まれたいろんな”手仕事”も体験できます! 

会場は、ラウンジに囲炉裏&Barがあるホステル”IRORI”。囲炉裏を囲んでしっぽりと。お酒を酌み交わしながら、暮らしについて一緒に考えてみませんか? 

【日時】 
2016年2月1日(月) 
開場19:30 開演20:00 


【会場】 
〒103-0003 
東京都中央区日本橋横山町5-13 
TEL : 03-6661-0351 
http://irorihostel.com/access.html 

JR総武線 馬喰町駅  1番出口徒歩3分 
都営浅草線 東日本橋駅 B4番出口徒歩3分 
都営新宿線 馬喰横山駅 A1出口徒歩3分 


【料金】 
2,500円 


【定員】 
25名 


【宿泊について】 
当日は宿泊もできます。 
ご予約はこちらから↓ 
http://irorihostel.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do 


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 

<プロフィール> 

畠山千春 | Chiharu Hatakeyama 

1986年生まれ。3.11をきっかけに大量生産大量消費の暮らしに危機感を感じ、自分の暮らしを自分で作るべく活動中。2011年から動物の解体を学び、鳥を絞めて食べるワークショップを開催。2013年狩猟免許取得、狩りを行いながら獲物の皮なめしなども修行中。現在は福岡県にて食べもの、エネルギー、仕事を自分たちで作る「いとしまシェアハウス」を運営。2014年に木楽舎より『わたし、解体はじめました―狩猟女子の暮らしづくり』を出版。 

ブログ:ちはるの森 http://chiharuh.jp/ 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

英語、中国語、韓国語のwebサイトが出来上がりました

2015.12.10【news

英語、中国語、韓国語のwebサイトが出来上がりました;)

翻訳協力:郭 中正(中国語),Ko Byoungwoog (韓国語)


We launched english,chinese,korean website.


IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchen オープンしました。

2015.10.01【news

初めまして。
IRORI Nnhonbashi Hostel and Kitchenの金子です。
私たちは、“旅人と地方をつなぐ”をコンセプトに、一階のラウンジにある囲炉裏とキッチンで、
地方を紹介するイベントを開催したり、地域の地酒や食材などを販売する予定です。
そうやって、地方のモノコトヒトを紹介するだけでなく、
スタッフやそこに集う人たちが、ゲストの旅のコーディネートをお手伝いできればと思っています。
ぜひ、気軽に話しかけてくださいね。
これからよろしくお願いします。


IRORI HOSTEL and KITCHENのロゴ


<< 1 >>